本文へスキップ

バレエダンサーのためのボディ・ケア & コンディショニング! 渋谷 / 表参道のバレエ/ダンス専門治療院。

電話でのご予約・お問い合わせはTel.03-3409-0850

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-6 エムエフ青山802


ダンサーのためのセルフケア1Stretching

いつも気持ちよく踊りたい! 〜ダンサーのためのセルフケア  01 | 02 | 03 | 04 | 05

ストレッチ   ストレッチ

故障やケガを防ぐためにも、できるだけ疲労を残さないようにするためにも、レッスンの前後には必ずストレッチを行いましょう。
レッスン前にストレッチをすることで、筋肉中の血流が良くなり、その結果、筋肉の温度が上がり柔軟性がUPします。また、筋肉にエネルギーが多く送られることで持久力もUP!
さらに疲労物質もたまりにくくなります。

筋肉は日常動作においても常に収縮した状態にあります。ですから、ストレッチで元の長さにもどしてあげないと関節の可動域が狭くなってパフォーマンスが低下してしまいます。
しかし!だからといって伸ばし過ぎるのはNGです。
長時間のストレッチで伸ばし過ぎ、筋肉がゆるんだ状態になると、縮む力が低下し、かえってマイナス効果になってしまうんです。
レッスン前のストレッチは10分〜15分が適切です。
間違っても、開脚してお腹を床につけたままお昼寝zzz・・・
なんてしないようにしてください。

レッスン前のストレッチは比較的行っていても、レッスン後のストレッチは「時間が無いのでやってない」という方がとても多いと思います。実際難しいこともよくわかります。
しかし、レッスン後にストレッチを行うことは、筋肉中に疲労物質がたまってしまうのを防ぐ上でとても重要なことです。
ストレッチを行わず、筋肉中に疲労物質をためこんで故障のリスクを高めるよりも、レッスン時間を10分けずってでもストレッチを行い、コンディションを整えた方が、成果が表れ、上達も早まるでしょう。ですから、なんとか時間を作ってストレッチを行うようにしてください。
特にプロのダンサーの方は、
ストレッチは「やった方がいい」というレベルのものでなく
《やらなければいけないもの》と心得て必ず行ってください。


Nozu Chiro Clinicノヅ・カイロ・クリニッ

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-6 エムエフ青山802
TEL 03-3409-0850
 

  はてなブックマークに追加

お悩み コースメニュー 施術内容 院長紹介 アクセス 予約方法